• 2006.08.30 Wednesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

樽沢教室の紹介です/金曜日

コミカレ陶芸教室の水曜、木曜、金曜クラスはともに開講歴は約25年を数えます。火曜、土曜クラスは後の開講になります。この間にたいへん多くの方が受講され陶芸を通して豊かなライフスタイルを築かれ、プロの道を歩んでいる方もおります。また、現会員にはその当時からずっと通い続けている方もおられます。
■西武コミュニティーカレッジ★入会はこちら

 厳しいといわれる時代ですが都会の真ん中で陶芸の文化的薫りを放ち続けてきた西武百貨店とそれを支えてくださっている会員の皆さんが築き上げた重みのある歴史です。
 会員の皆さんにあらためて御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いいたします。

さて、金曜日クラスの講師は私、樽沢泰文です。金曜クラスの3コース、それぞれ個性的なクラスです。朝は地中海の柑橘系の味。昼は京都の懐石料亭の味。夜は銀座の北の家族の味・・・ってわかりにくい表現ですね。要するに魅力的なクラスってことです。

秋には「第2回樽沢クラス合同展」(東京芸術劇場)を予定して、そのプロジェクトチームが結成され動き始めました。掲載の写真は前回の展覧会のほんの一端です。テーマ作品をそれぞれのコース別に制作、これまで作ってきた作品とともに展示いたします。どうぞご期待ください。

指導方針は確固たるものは持ち合わせていませんが「陶芸をやってよかったな」と思っていただくことです。一人一人の顔が違うように陶芸をやろうと思った動機、感性、技量・・・生徒さん一人一人違います。どのように対応できるかといいますとメニューを一杯にすることではありません。自分が自分の発想で自由に作るためのお手伝いをするということです。
■西武コミュニティーカレッジ★入会はこちら

無形のものから有形のものを生み出そうとするエネルギーはたいへんなものです。そのエネルギーを燃焼し続けること、これが人生の活力になっていくとすればそんなに素晴らしいことはありません。そんな思いで教室に立っております。
■西武コミュニティーカレッジ★入会はこちら
  • 2006.08.30 Wednesday
  • 23:08
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2005/07/27 12:51 PM, みんなのプロフィール wrote:
ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=IKEBUKURO%20SEIBU%20C%2CC%20CERAMIC%20ART%20%2F%20%20%20%20%20%82%B1%82%BF%82%E7%81A%81%40%92r%91%DC%90%BC%95%90%83R%83%7E%83%85%83j%83e%83B%81%5B%83J%83%8C%83b%83W%93%A9%8C%7C%8B%B3%8E%BA%82%C5%82%B7%81B&address=http%3A%2F%2Ftarutaru953%2Ejugem%2Ecc%2F


お問い合わせはコチラから
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi
2005/05/19 8:01 AM, ひろしですー wrote:
銀幕のスクリーンに惚れこんだ私、また陶芸の魅力
「映画」時代流れを映像にする映像文化に大切な一つと考えております。夢とロマンを追って20数年、喜び、苦しみ、悲しみを味わっております。この業界に入り込むとなかなか抜け出すことができない魅力がある職業、製作、配給プロデューサーの仕事です。映画界も急ピッチで変わってきています。フイルム撮影がデジタル技術の進歩でデジタルムービーで撮影、上映についてもデジタル信号をハードディスクから読み取り、衛星を使って全世界にデジタルプロジェクターで上映公開する新しい時代がやってくるようです。しかし銀幕のスクリーンでの上映はなくなることはないでしょう。いつまでも心に残る映画に係わってゆきたい映画バカ人生でした。
 もう一つ陶芸の魅力が今現在進行形です。土を弄ると気持ちがホットするからです。今は陶芸の魅力に時の流れに逆らわず楽しんでいきます。
                      
2005/05/03 10:54 PM, とうしろう wrote:
日本人は古来、木で作った漆器、土から生まれたやきものを愛用し、自然を好みます。
山々の霊気を感じ、森と親しみ水田で稲を育て、作庭にはげみます。
現実にもどりましょう・・・
私が陶芸を始めたのはこのような高尚な気分からでは有りません。
子育ても終わりセカンドライフをいかに生きようかと考え、
暇つぶしと、ボケ防止に陶芸でもやって見ようかと単純に思っただけのことです。
それが、やっているうちに、はまってしまい生きがいの一つ
になってしまいました。
とりあえず今年の目標は公募展に出品することです(笠間のアマチュア作品展等)。予選落ちは覚悟の上です。
2005/04/30 9:07 PM, すっぱいオレンジ wrote:
 私が陶芸をやりたいと思ったきっかけは、テレビだった。

偶然 ある陶芸家が、粘土をロクロで引いているところを見た。 
シュルシュルと土を伸ばしたかと思ったら、たちまち いろいろな器の形にしてしまう。
その見事なことといったら、マジシャンの様だ。

その時私[これってすご〜く楽しそう♪ やってみた〜い♪]
と単純に思ってしまった。

そこですぐ 当樽沢教室へ。
いろいろな作陶法を習い、いよいよ楽しみにしていたロクロをやることになった。

しかし このロクロの技 見るのとやるのとは大違い。
テレビでは簡単そうだったのに・・・
まずロクロの上の土は、最初の土殺しから全く私の思いどうりにならない。

樽沢先生のロクロ引きは、土はあくまでもなめらかで思いのままに動き 自由自在な形となり まるで操られている生き物の様に見える。それをいとも簡単にやってしまうのだ。

先生のロクロ引きの一部始終を見ていると、厚かましくも私にもあのように出来るかもしれないと思えてくる。

だが いざやってみると これが出来ない。そこでヘコむ。
試みる、出来ない、ヘコむ。これを繰り返している。

でも 思いどうりにならなくてどんなに手こずっても これはこれで楽しいし面白い。

私はこれからもこのパターンで行くような気がする。
うまく出来る日を夢見ながら。。。

             すっぱいオレンジ 
2005/04/29 9:14 PM, noppoのgonbo wrote:
作りたい時も、壊したい時も
嬉しい時も、辛い時も
語りたい時も、沈黙したい時も
金曜は、自分探しに出かけます。
とびっきり暖かく、大きく包んでくれるお仲間に会えるから・・・
(ちょっとキザでした)

柑橘類・いいですねー。種類、味、色、たくさんあって、たまにはピリッと酸っぱいのがあったり・・・太陽をいっぱい浴びてノビノビ?

先生の文才に脱帽!陶芸と将来の狙い目は芥川賞?
作品展の成功を確信して、ボチボチ頑張りましょう!!
2005/04/28 5:50 PM, 柑橘系生徒? wrote:
柑橘系、それも地中海だなんて、非常にうれしくなっています。
朝クラス、地中海の風のように爽やかに、レモンやオレンジのようにフレッシュに!頑張りましょう。

クラス合同展では陶芸をやる知人から、
それぞれが皆、伸び伸びと個性的で楽しい作品が多い、
羨ましいという言葉をもらいました。
本当にそうです。嬉しいことです。
好きなことができるから、ここまで、10年だってあっという間に過ぎてしまったのだと思います(一体何年経ったのだっけ)。

性格上、あれこれ指導されていたら、嫌になっていたかも。
けど反面、自由気ままは難しいことでもある、自分なりに課題を持っていないと・・・ただ時間だけが過ぎて・・・何をやったらいいかわからなくなる。

「人生の活力」そうですね、私のライフスタイルに陶芸はやっと定着した感があります。
何かの感動を形に残したい、表現したい、思いを・・・
それができる陶芸の楽しさ(と難しさ)、出会えてよかったと思うこの頃です。
また、先生を始め、素敵な仲間に恵まれたことにも感謝です。

Add a comment:









Trackback:
http://tarutaru953.jugem.cc/trackback/161
笠間カントリークラブ / ゴルフ場予約
2007/01/17 12:10 PM
茨城県にある笠間カントリークラブの予約状況、混雑を確認可能。水戸ICから13km。丘陵コースを存分にお楽しみください。プレーフィーは50-800程度。
2005/05/14 4:53 AM
西武百貨店西武百貨店(せいぶひゃっかてん)は、日本の百貨店の一つ。セゾングループ。1940年に、西武鉄道の前身である武蔵野鉄道が、京浜急行電鉄|京浜電気鉄道系列の菊屋デパート池袋支店を買収し、武蔵野食糧を開設した(後に武蔵野デパートと改称)。1949年に西武百
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.